国内旅行なら必見!おすすめの温泉地や名所・観光 -四国編1-

スポンサーリンク
おすすめ温泉地
スポンサーリンク

おすすめの温泉地や名所・観光 -四国編1-

瀬戸内海と太平洋に挟まれて海に浮かぶ「四国地方」。
お遍路で有名な四国霊場八十八ヶ所もさることながら、東西に連なる四国山脈が織りなす季節の景色や渓谷など、神秘的な光景に触れることができます。
また、四国を構成する徳島県、香川県、愛媛県、高知県の四県は、温泉や城などの歴史的建造物や、ご当地グルメなどそれぞれに特徴があり、各県の魅力を比べながらの観光を楽しむのがオススメです。

海と山に囲まれた自然豊かな四国には、海沿いの雄大な景色を望める温泉地や、山沿いの渓谷に沿った温泉地など、良質な温泉があちこちで湧出しています。
四国八十八ヶ所お遍路参りの帰りに、温泉でリフレッシュしてはいかがでしょうか。
レトロな温泉街、山間の秘境、海辺のリゾートなど、地域によって雰囲気も異なるので、自分に合った温泉を見つけてみましょう。

 

スポンサーリンク

四国の人気温泉地(徳島県と香川県編)

四国八十八ヶ所お遍路の旅

近年、四国八十八カ所の巡礼が、ひそかなブームになっています。

四国八十八ヶ所の起源は1200年前に遡ります。巡礼の旅は、延べ約1,400kmの道程、険しい山道や長い石段もあり、結願を迎えた時の達成感はひとしおです。

筆者もふとしたきっかけで、四国八十八ヶ所お遍路の旅を始めました。

ゆっくりと夫婦でお遍路をまわり、途中、ご当地グルメを食し、各地の温泉を訪ね、四国八十八カ所霊場を全て巡り終えました。

筆者が結願報告のため、高野山「奥之院」に参拝を終えたのは3年3ヶ月後です。

この四国八十八カ所ブログのカテゴリーではお遍路やお寺の情報、各地の食や人気スポットなどお伝えしています。

初めてのお遍路旅!手順や持ち物、地図もわかりやすくご紹介![完全版]

 

徳島市のシンボル「眉山」

「眉の如雲居に見ゆる阿波の山かけてこぐ舟泊知らずも」万葉の歌人「船王」によって万葉集にも詠まれた眉山は徳島市のシンボルです。山頂一帯は眉山公園となっており、慰霊塔パゴダ・モラエス館・展望休憩施設などがあります。

山頂(標高は290m)からの眺望は素晴らしく、徳島市街はもとより天気の良い日には淡路島・紀伊半島までもが一望できるほか、夜景は四国一ともいわれるスポットとしても知られています。また、春の桜・秋の紅葉は四季折々の表情を楽しませてくれます。

眉山ロープウェイ「大人往復:1.030円」所要時間、約6分(眉山山麓駅~山頂駅まで)

所在地:徳島県徳島市新町橋2丁目20。

 

阿波踊り

阿波おどりは400年を超える歴史を持つといわれ、徳島が世界に誇る伝統芸能です。
今では町おこしの一環として高円寺(東京)や南越谷(埼玉)など全国各地で阿波おどりが開催されていますが、本場・徳島市では毎年8月12日から15日までの間、国内外から100万人を超える観光客が訪れるなど、日本有数のイベントとなっています。
また、市中心部には一年を通して阿波おどりを楽しめる阿波おどり会館もあり、徳島市ではいつでも阿波おどりの魅力に触れることができます。

阿波踊りの基本スタイルは、三味線、太鼓、鉦(かね)、横笛などの「2拍子」の伴奏にのって踊り手の集団「連」が踊り歩きます。
女性は優雅に、男性は腰を落として豪快に踊るのがよしとされています。「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」と唄われる「よしこの節」で知られていますが、この「よしこの節」は大手の有名連以外はあまり使われず、主に「ヤットサー、ヤットサーヤットヤット」という掛け声のほうが多く使われています。

 

雨乞の滝

徳島県名西郡神山町にある雨乞の滝(あまごいのたき)。
国道438号線を東進し、神山町内で雨乞の滝の案内板に従って狭い道路を進むと、滝口に無料駐車場(トイレあり)があります。
そこから約650mの急な滝見道をゆっくり登ると約30分、左に雄滝、右に雌滝の雨乞の滝を見ることが出来ます。雌滝の高さ、約45mを3段になって落下する壮大な滝、「日本の滝100選」にも選ばれています。
滝見道沿いには、うぐいす滝、不動滝、地獄淵、もみじ滝、観音滝も見ることが出来ます。雨乞の滝の名の由来は、日照りが続いた時に村人が雨乞いをしたことから名づけられたそうです。

所在地:徳島県名西郡神山町神領石堂。

 

祖谷温泉

祖谷温泉(いやおんせん)は、徳島県三好市の祖谷渓沿いにある温泉です。北海道のニセコ薬師温泉、青森県の谷地温泉とともに日本三大秘湯の一つに数えられています。

祖谷渓に湧く温泉で、ゆっくりと深呼吸できる秘境の温泉。泉質はアルカリ性でミネラル成分を含んだ温泉は、古い角質を柔らかくし、やさしく除去してくれるといわれています。V字の深い谷にエメラルドグリーン川が流れる秘境では、日常を忘れて静かな時間を過ごすことができます。

 

秘境祖谷渓の一軒宿「祖谷温泉」

湯船までケーブルカーで、約170m下の源泉かけ流し「露天風呂」までは約5分。傾斜角42度の断崖を、ゆっくりと大パノラマの景色を一望しながら下っていきます。祖谷川の流れにせり出すように造られた男女別の露天風呂には、豊富な湯量が自噴しています。

紅葉の時期は、日本三大秘境の景観が楽しめます。

泉質:アルカリ単純泉、硫黄泉。

効能:神経痛、リューマチ、皮膚病、外傷、婦人病、美容、疲労回復など。

所在地:徳島県三好市池田町松尾字松本367-28。

 

祖谷のかずら橋

平家一族の哀話を秘める、秘境「祖谷」にあるかずら橋。かずら橋は日本三大奇橋のひとつであり、国の重要文化財にも指定されています。

吊り橋を歩くたびにギシギシ音がして橋が揺れてスリル満点、また足元は渡し木のすき間から見える渓谷の美しさも見逃せません。冬場に寒風の中、周辺の1.000m級の山で採集したシラクチカズラ(重さ約6トン)を火であぶって柔らかくして編んで、3年ごとに吊り換えています。

かずら橋の由来は祖谷に巡行された弘法大師が困っている村人のために作ったという説や追っ手から逃れる平家の落人が楽に切り落とせるようにシラクチカズラで作ったという説など諸説あります。

※かずら橋は一方通行「通行料大人:550円」

※かずら橋の長さ45m、幅2mの吊り橋で、水面からの高さは14m。

所在地:三好市西祖谷山村善徳162-2。

 

大歩危峡観光

四国の真ん中を流れる吉野川上流の自然の渓谷美を楽しめる大歩危。

吉野川の激流が結晶片岩を削ってできた峡谷で、岩肌と木々の緑、川の水の深い碧のコントラストが雄大な景観を創り出しています。荒々しい表情の奇岩巨岩が連続する大歩危、流れが急で曲がりくねっている小歩危、いずれも川面の高さから見上げる絶景は、迫力満点です。

春から夏の新緑、秋の紅葉のシーズンはひときわ美しい。発着場は「レストランまんなか」「大人乗船券:1.200円」。

所在地:徳島県三好市山城町西宇1520。

 

鳴門温泉

徳島県の鳴門海峡のそばに湧く「鳴門温泉」。風光明媚な瀬戸内海国立公園に位置するオーシャンビューのホテル「アオアヲナルトリゾート」が湯元の温泉です。
地底1.200mから湧く温泉は、海のミネラルと重曹を含み、泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉。美肌づくりや冷え性改善などの効能が期待できるといわれています。
周辺には、「鳴門の渦潮」や「大塚国際美術館」などの人気観光スポットが多数あり。リゾートな気分で、オーシャンビューの温泉を楽しむことができます。

泉質:ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉。

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、腰痛、疲労回復、冷え性、肩こり、打ち身、美肌など。

所在地:鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛16-45。

 

大鳴門橋とうずしおクルーズ

鳴門の渦潮は、徳島県鳴門市と兵庫県南あわじ市の間にある鳴門海峡で発生する渦潮です。大潮の際には渦の直径は最大で30mに達するといわれ、渦の大きさは世界でも最大規模といわれています。

※大鳴門橋は鳴門海峡をまたいで淡路島と四国を結ぶ全長1.629m、主塔の高さ144mの橋で、1985年6月8日に開通しました。

所在地:兵庫県南あわじ市福良港うずしおドームなないろ館。

 

大塚国際美術館

大塚国際美術館は、世界の名画を陶板に原寸大で複製・展示した「陶板名画美術館」です。
館内には、世界25カ国190余りの美術館と100ほどの宮殿や教会が所蔵する古代から現代までの評価の高い西洋の名画や壁画、1.000余点をオリジナル作品と同じ大きさに再現しています。
それらは、美術書や教科書と違い原画が持つ本来の美術的価値を真に味わうことができ、日本に居ながらにして世界の美術館を体験できます。

所在地:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1。

 

アカウミガメが上陸する「大浜海岸」

徳島県南部の海岸線は美しいリアス式の海岸線が多いのですが、所々に穏やかな砂浜があります。
そのひとつが「大浜海岸」です。松林をバックに、長さ500mにおよぶ白砂の浜が続き、「日本の渚百選」に選ばれています。
大浜海岸は、毎年産卵のためアカウミガメが訪れる海岸として有名で、5月中旬から8月中旬の上陸シーズンには多くの観光客で賑わいます。
昭和42年(1967年)には、「大浜海岸のウミガメおよびその産卵地」として、国の天然記念物に指定されています。日和佐うみがめ博物館カレッタ「観覧料大人:610円」。

※館名の「カレッタ」はアカウミガメの学名に由来する。

所在地:徳島県海部郡美波町日和佐浦374-4(大浜海岸)。

 

こんぴら温泉

「こんぴら参り」で有名な、金刀比羅宮の麓に広がる「こんぴら温泉」。比較的新しい温泉地で、華やかな温泉宿が多いのが特徴です。
ナトリウムやカルシウムが多い泉質は、神経痛や筋肉痛などに効果があるといわれ、こんぴらさんのお膝元に湧く温泉には心身ともに清められる心地よさがあります。
長い階段をのぼる「こんぴら参り」をした後は、疲れた足を温泉でじんわりほぐしましょう。

泉質:塩化物温泉、単純放射能冷鉱泉、炭酸水素塩泉。

効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩運動麻痺・関節のこわばりなど。

所在地:香川県仲多度郡琴平町。

 

金毘羅参り

「金毘羅船々 追風に帆かけて シュラシュシュシュ…」 の歌でお馴染みの香川県琴平町の金刀比羅宮は、全国の金比羅神社(金毘羅神社・琴平神社)の総本宮(総本社)となっています。
江戸時代後期には、伊勢参りと共に、金刀比羅宮に詣でる金毘羅参りが盛んになりました。
参道口から御本宮まで785段、奥社まで1.368段続く石段。
参道両脇には当時を偲ばせる燈篭などが今も多く残っています。一段ずつ踏みしめて登りきった先に佇むのが、「さぬきのこんぴらさん」こと金刀比羅宮です。

金刀比羅宮と並んで町の名所に挙げられるのが、日本最古の芝居小屋「旧金毘羅大芝居(金丸座)」です。「こんぴら歌舞伎」と呼ばれる舞台が毎年行われ、地元住民はもちろん観光客にも親しまれています。
また、琴平町は「うどん屋発祥の地」としても有名で、散策の途中で小腹が空いたなと感じたら個性的なうどん屋へ立ち寄るのもいいでしょう。

所在地:香川県仲多度郡琴平町892-1。

 

塩江温泉

四国の海の玄関口である高松市。「塩江温泉」は、約1,300年前の奈良時代の僧侶・行基によって発見された歴史ある温泉地で、「讃岐の奥座敷」として長年親しまれてきました。
お湯は硫黄泉・放射能泉。のどかな雰囲気で、少し昔にタイムスリップしたような気分になります。
城下町の面影を残した市内は、美しい川が流れ、6月頃にはホタルの乱舞を見ることもできます。田舎に遊びに行くような感覚で、のんびり羽を伸ばしてはいかがでしょうか。

泉質:硫黄泉・放射能泉。

効能:アトピー性皮膚炎、リュウマチ、神経痛、糖尿病、婦人病、美肌効果など。

所在地:香川県高松市塩江町安原上東390-9。

 

丸亀城

丸亀城は標高約66mの亀山に築かれた平山城で、別名亀山城と呼ばれています。本丸・二の丸・三の丸・帯曲輪・山下曲輪があり、東西約540m・南北約460mのうち内堀内の204,756m2が史跡範囲です。

「石の城」と形容されるその名のとおり、丸亀城は石垣の名城として全国的に有名です。大手門から見上げる天守は威厳に満ち、夕暮れの天守は優しさをまとって、心を和ませてくれます。

400年の時を経た今日でも決して色あせることなく、自然と調和した独自の様式美をはっきり現在に残しています。

所在地:香川県丸亀市一番丁。「入城料天守のみ、大人:200円」

 

小豆島おすすめ観光スポット

小豆島は、香川県小豆郡、瀬戸内海播磨灘にある島です。 高松市の約20km北東沖に位置し、日本の島の中では19番目の大きさです。

小豆島は、穏やかな海と温暖な気候に囲まれた島内には「オリーブ公園」や「エンジェルロード」「寒霞渓」など、風光明媚な観光スポットがたくさんあります。「二十四の瞳映画村」「岬の分教場」など、映画やドラマのロケ地として馴染み深い場所も多く、「中山千枚田」など内陸部にも見どころが多いのも魅力です。

 

小豆島温泉

香川県の人気観光地・小豆島には、「小豆島温泉」と呼ばれる温泉が湧いています。日本で初めてオリーブの栽培に成功した「オリーブの島」にちなんだ「オリーブ温泉」など、数種類の温泉が沸き、湯元オリーブ温泉、里枝温泉など、数種類の温泉があり、疲労回復などの効果が期待できるといわれています。

おすすめの観光スポットを満喫した後は、温泉宿でゆったりと疲れを癒して下さい。

泉質:単純温泉、塩化物泉、硫酸塩泉。

効能:神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労、冷え性、皮膚病など。

所在地:香川県小豆郡土庄町。

 

寒霞渓

国立公園国指定第一号、瀬戸内海屈指の景勝地「寒霞渓」。巨岩が連なる絶景は日本三大渓谷のひとつに数えられています。
紅葉の名所として有名で、赤や黄色に色づいたカエデ、イワシデが、ごつごつした岩肌に映えます。ハイライトは、島の中央の紅雲亭から山頂を結ぶ、寒霞渓ロープウェイ。
切り立った深い谷間をすり抜けるように通る約5分間の空中散歩は、スリル満点です。

所在地:香川県小豆郡小豆島町神懸通乙327-1。

 

小豆島オリーブ公園

小豆島町立の道の駅「小豆島オリーブ公園」。 オリーブの女神・アテナ像が迎えてくれる館内には、オリーブの歴史や産業、オリーブオイルの特質などを、資料や映像、グラフィックで紹介しています。
園内は約2,000本のオリーブ畑に囲まれ、ギリシャ風の建物や様々な体験施設をはじめ、オリーブの歴史と魅力に触れられるスポットがたくさんあります。
地中海を思わせる穏やかな瀬戸内海の風景を眺めながら、ゆったりと散策が楽しめます。

また、エーゲ海を思わせる瀬戸内海の青とのコントラストがひときわ美しい、ギリシャ風車(白い風車)。小豆島と姉妹島提携を結ぶギリシャ・ミロス島との友好の証として平成4年に建設されました。白い雲が浮かぶ青空をバックに、緑あふれるオリーブと芝生に囲まれたギリシャ風車は、公園内でも絶好の記念撮影スポットです。

所在地:香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1。

 

二十四の瞳を訪ねて

小豆島町田浦地区よりさらに600m南、瀬戸内海を見渡す海岸沿い約1万平方mの敷地に大正・昭和初期の小さな村が出現しました。
これは、映画「二十四の瞳」(監督:朝間義隆、主演:田中裕子)のロケ用オープンセットを改築したもので、あの名場面がここで撮影されました。 木造校舎、男先生の家、漁師の家、茶屋、土産物屋が建ち並び。また、壺井栄文学館では、生前壺井栄が愛用していた調度品や各作品の生原稿などを展示しており、映画館「松竹座」では、「二十四の瞳」を常時上映しています。

所在地:香川県小豆郡小豆島町田浦。「入場料大人:790円」

 

岬の分教場

「二十四の瞳」の舞台となった田浦分校。明治35年(1902)8月田浦尋常小学校として建築された葺平屋建校舎で2教室と教員住宅を含む。
その後、明治43年から苗羽小学校田浦分校として、3教室を使用していましたが、昭和46年(1971)3月に閉鎖されました。
「二十四の瞳」の小説の舞台となり、昭和29年松竹映画「二十四の瞳」(監督:木下恵介/主演:高峰秀子)のロケに使用され、一躍有名になり、訪れる人が絶えません。
教室には当時のままの机やオルガン、子どもたちの作品などが残っており、椅子に腰掛けて目をつむるとありし日の想い出がよみがえってきます。

所在地:小豆郡小豆島町田浦甲977-1。「入場料大人:240円」

 

天使の散歩道「エンジェルロード」

エンジェルロードは1日2回、干潮時に海の中から現れる砂の道。大切な人と手をつないで渡ると、砂州の真ん中で天使が舞い降りてきて、願いを叶えてくれると言われています。
ここでは、訪れた多くの方々が、願いを込めた絵馬や貝殻を中余島の木々に残していきます。
そして「約束の丘展望台」は恋人たちの人気スポットで、エンジェルロードを見渡せ、海に囲まれた小高い丘は大切な人と一緒にいたいロマンチックな場所です。

※映画「ぼくとママの黄色い自転車」「瀬戸内海賊物語」のロケ地にもなりました。

所在地:香川県小豆郡土庄町銀波浦。

 

世界一狭い海峡「土渕海峡」

土渕海峡(どふちかいきょう)は、小豆島本島(渕崎地区)と土庄町前島(土庄地区)

の間を流れる海峡で、最も狭いところは、全長2.5km、最狭幅9.93m。「世界一狭い海峡」として、1996年ギネスブック認定されました。土庄町役場にて横断証明書(有料100円)を発行しています。世界一の海峡をぜひ渡ってみましょう!

所在地:香川県小豆郡土庄町甲559-2。

 

中山の千枚田

小豆島のほぼ中央、中山地区に広がる千枚田。県内唯一の棚田は大小約800枚にもおよび、標高200mの山腹に波状に並んでいます。
田には名水百選になっている湯船の湧水が流れ込み稲を潤しています。
大小さまざまな形の棚田には、晴れ渡る青空や雲などの景色が映り込み、彼岸の季節には彼岸花が彩りを添えたりと四季折々の表情を楽しませてくれます。

優しくて懐かしい日本の風景がそこにあり、映画「八日目の蝉」のロケ地となり、毎年7月初旬、火手と呼ばれる松明の光の列が稲の間を揺らめく様はとても幻想的です 。

所在地:小豆郡小豆島町中山。

 

中山農村歌舞伎

中山農村歌舞伎の起源は今から約300年前(江戸時代中期)、お伊勢参りに出かけた島の人々が上方から伝えたとされています。
荒天で船が出ず、大阪で船待ちしていた島人たちは、上方歌舞伎の華やかな世界に触れ、歌舞伎の名場面を描いた絵馬や衣装を島に持ち帰り、神社に奉納しました。
歌舞伎の人気は島中に広がり、上方から旅回りの一座や振り付け師を招くなどして、次第に島人自ら演じられるようになりました。
中山の舞台は、昭和62年3月に重要有形民俗文化財に指定され、平成24年3月には茅葺き屋根の全面ふき替え工事が行われました。

所在地:小豆郡小豆島町中山(春日神社)。

 

 

まとめ

四国に旅行をお考えの皆様、四国に行くならやっぱり温泉は外せません。

四国八十八ヶ所お遍路参りのついでに、温泉めぐりを楽しむこともできます。
香川県・こんぴら温泉郷、小豆島温泉。徳島県・鳴門温泉、大歩危温泉、祖谷温泉など、あなたの旅を彩る素敵な温泉宿がきっと見つかるはずです。

ぜひ、訪れてみて下さい。