国内旅行なら必見!おすすめの温泉地や名所・観光 -新潟県編-

スポンサーリンク
おすすめ温泉地
スポンサーリンク

越後の名湯 – 新潟県。

日本海側に位置する新潟県。
南北に長い地形のため、海沿いや山沿いに魅力的な温泉地が点在しています。こじんまりとした宿、秘境、比較的大きな温泉地など、新潟のおすすめの温泉地をご紹介します。

新潟県と言えば、綺麗な水で作られたお米やお酒、新鮮で美味しい魚が有名です。また、新潟は観光名所も見逃せません。雄大な自然が残る佐渡、日本初の世界ジオパークに認定された糸魚川など、その魅力は尽きることがありません。

 

 

スポンサーリンク

新潟県観光スポット

眼の温泉 奥湯沢「貝掛温泉」

越後湯沢から車で約15分。喧騒から離れ、奥湯沢の秘湯を守りつづける庄屋造りの一軒宿です。大自然に囲まれた露天風呂に浸かり、季節を肌で感じます。

開湯700年。全国でも希少な眼病に効く温泉宿「貝掛温泉」。源泉100%掛け流しの「目薬の湯」は長温浴もできるぬるめのお湯が特徴です。上杉謙信の隠し湯としても知られる歴史ある秘湯です。。

泉質:ナトリウム・カルシウム 塩化物温泉 弱アルカリ性低張性温泉。(無色透明)

効能:白内障、眼底出血、ドライアイ、眼精疲労、火傷、切り傷、 神経痛など。

所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町三俣686。

 

妙高高原「赤倉温泉」

赤倉温泉は、妙高市に位置する温泉地です。源泉は、日本百名山「妙高山」より引湯しています。妙高戸隠連山国立公園区域内にあり、スキー場が点在、スキーリゾート地としてもよく知られ、温泉周辺は、四季折々の自然豊かな景観が楽しめます。

民宿や山荘などの宿から、老舗旅館や高級リゾートホテルまで多くあり、お湯は泉質・効能ともに様々なのが魅力の一つです。赤倉温泉の湯は、2つの泉質を併せ持った貴重な名湯で、とろりとした湯質は美肌効果があり、湯から上がった後のお肌はしっとりツルツル、「美肌づくり」や「傷の治癒」に定評があります。

泉質:硫酸塩・炭酸水素塩泉。

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進など。

所在地:新潟県妙高市大字赤倉585-1。

 

日本三大薬湯「松之山温泉」

「松之山温泉(まつのやまおんせん)」は、十日町市にある温泉地です。

新潟と長野の県境、雪深い山間に佇む松之山温泉郷。今から700年ほど前の南北朝時代、一羽の鷹が舞い降りて傷ついた羽を休めているのを木こりが見つけ、そこにコンコンと湧く熱泉を発見したという伝説が残っています。また、室町時代越後守護上杉家の隠し湯であったという説もあり、その効能は古くから知れ渡っていました。

毎年、冬の季節になると雪が降り積もり、温泉に浸かりながら風情ある雪見露天風呂を満喫できます。

※有馬温泉、草津温泉と並び称される日本三大薬湯のひとつです。

泉質: ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)

効能 :切り傷、やけど、皮膚疾患、神経痛、腰痛、冷え性など。

所在地:新潟県十日町市松之山温泉。新潟県十日町市松之山

 

新潟の奥座敷「岩室温泉」

岩室温泉(いわむろおんせん)」は、別名「霊雁の湯」とも呼ばれています。

新潟市西蒲区に位置する温泉地です。江戸時代中期に開かれた歴史ある温泉で、正徳3年(1713)。
白髪の老翁が庄屋高島庄左衛門の夢枕に立ち、そのお告げ通りにこの地を探すと、一羽の傷ついた雁が泉流に浴して怪我を癒 していたことから、源泉を発見したとされる不思議な言い伝えに由来しています。
「新潟の奥座敷」と呼ばれるだけあって、のんびりとした雰囲気のなかにも伝統と格式のある旅館が数多く立ち並んでいます。

泉質:含硫黄・ナトリウム・カルシウム塩化物温泉。

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、疾患、冷え性など。

所在地:新潟市西蒲区岩室温泉96番地1。

 

越後湯沢温泉

「越後湯沢温泉」は、南魚沼郡湯沢町に位置する温泉地です。「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。 夜の底が白くなった。」と始まる、川端康成の名作「雪国」執筆の舞台です。

越後湯沢温泉には様々なお宿があり、外湯が豊富で、気軽に外湯めぐりも楽しめます。

鎌倉時代にはすでに温泉が湧いていたという歴史があり、さらに昭和以降、数回にわたって大規模な掘削が行われて現在の温泉街ができました。周辺は苗場山を中心にスキー場が整備され、首都圏から気軽に行けるスキーリゾートとして人気を集めています。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)

効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・うちみ・慢性消化器病など。

所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2431-1。

 

美人の湯「月岡温泉」

「月岡温泉」は、新発田市月岡に位置する温泉地です。 国内随一の成分含有量を誇る月岡温泉は、美しいエメラルドグリーンの色をした硫黄泉です。また、広大な田園風景や遠くに連なる山々からは、自然の音や季節の薫りが運ばれてきます。

お宿は様々あり、それぞれのニーズにあわせて選べるのが魅力です。美肌の湯は、入浴すると肌がツルツルになります。また身体が芯から温まることから「美人の湯」「不老長寿の湯」として知られています。

泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(低張性 弱アルカリ性 高温泉)

効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・うちみ・慢性消化器病など。

所在地:新潟県新発田市月岡温泉。

 

千年鮭 きっかわ

1626年創業。村上の伝統的な鮭料理を初めて商品化した老舗です。昔ながらの手づくりで、保存料や添加物は一切使用していません。築130年の村上の典型的な町屋(登録有形文化財)、店舗と住まいはひと続きになっており、天井の梁から吊り下がっている、千匹の鮭が熟成されている様子が1年通してご見学頂けます。

所在地:新潟県村上市大町1-20。

 

笹川流れ

澄み切った碧い海が美しく、日本屈指の透明度を誇る笹川流れ。11km続く海岸では、日本海の荒波の浸食によりできた奇岩、岩礁や洞窟など、変化に富んだ風景が広がり、豪壮な景観は国指定の名勝及び天然記念物となっています。

笹川流れの美しい景色を堪能するなら、遊覧船は欠かせません。眼鏡岩、恐竜岩といった数々の奇岩が出迎える雄大な造形は圧巻です。約40分間の遊覧船めぐり、途中カモメに餌付けをすることもでき、間近に迫るカモメはかなりの迫力です。

所在地:新潟県村上市寒川~浜新保。

 

佐渡の大自然を訪ねる

佐渡は新潟県の沖合に浮かぶ島で、大きさは沖縄本島に次ぎ、なんと東京23区の約1.5倍、淡路島の約1.4倍もある大きな島です。

佐渡観光のおすすめは、たらい舟に体験乗船、断崖が立ち並ぶ尖閣湾揚島遊園、佐渡金山で坑道・採掘跡を見学。クライマックスは佐渡でしか見ることができない朱鷺(とき)を見学し、お宿は温泉でゆったりと、佐渡を存分に満喫できました。

所在地:新潟県佐渡市両津湊353(佐渡汽船旅客ターミナル)

 

小木港「たらい舟」

佐渡の観光で、真っ先に思い浮かぶのが「たらい舟」体験乗船です。女船頭さんが一緒に乗るので大丈夫です。漕いでみたい方は体験もでき、私も櫓を漕ぎましたが、前にも後ろにも進みませんでした。「たらい舟体験料金:大人500円」

たらい舟は、佐渡島南端の小木半島で使われている漁船の中でも珍しい船の一つです。当地区は岩礁と小規模な入江が多いことから、小型船より安定感、操作性の高い船として江戸時代に生まれました。現在でも採貝・採藻に数多く使用されています。地区では、たらい舟のことを「はんぎり」と呼び、これは桶を半切りにして海で使い出したことに由来しています。

所在地:新潟県佐渡市小木町1935。

 

佐渡金山「道遊の割戸」

史跡「佐渡金山」は、観光坑道である宗太夫坑を含め道路に沿って東西1.5kmの範囲が整備され公園や駐車場となっています。相川市街より金山へ向かって進むと最初に右手に見える第3駐車場からは「道遊の割戸」が望めます。更に進むと第2駐車場、右手に資料館、宗太夫坑コースの入口があり、江戸時代の佐渡金山を忠実に再現しています。

佐渡金山の中でも開発初期の採掘地とされる江戸時代の露天掘り跡。巨大な金脈を掘り進むうちに山がV字に割れたような姿になっています。山頂部の割れ目は、幅約30m、深さ約74mにも達します。道遊脈と呼ばれる脈幅約10mの優良鉱脈を有しており、明治以降も割戸の下部で大規模な開発が行われていました。「観覧料大人:900円・駐車無料」

所在地:新潟県佐渡市下相川1305番地。

 

トキの森公園

トキの森公園は、佐渡島の中央部に広がる国中平野の東側、新穂地区の平野部の一角にあり、

公園内には 「トキ資料展示館」と「トキふれあいプラザ」があります。

佐渡トキ保護センターが併設され、トキをケージ越しに肉眼で観察できる施設です。2008年3月、トキ観察回廊を密閉型にリニューアルし、一年中快適に観察できるようになりました。5km離れてトキの野生復帰に向けた訓練をするための野生順化施設が設置され、トキに最適な自然環境作りに島民あげて取り組んでいます。

「環境保全協力費大人:400円」

住所:新潟県佐渡市新穂長畝383-2。

 

尖閣湾揚島遊園

昭和7年に文部省天然記念物調査委員の理学博士・脇水鉄五郎氏がこの地を踏査された際、天下の絶景と賞され世界一と呼ばれている北欧ノルウエイのハルダンゲル峡湾の景観に勝るとも劣らず、正に東西両洋に対をなす海岸美として「尖閣湾」と命名されました。

尖閣湾は、第1景から第5景「5つの峡湾」のことを言います。当園は尖閣湾の第5景「揚島峡湾」に位置しています。数万年もの間、激しい波浪に削られてできた尖閣湾。その湾内にある揚島峡湾に位置し、尖閣探訪の中心となっている。展望台からは、荒々しい断崖が続く雄大な景色を一望、海中透視船も運航しています。島に橋を(遊仙橋)架け展望台の設置、さらにミニ水族館があります。尖閣湾の近海、海水魚が約50種類。なかでも「イカ」の遊泳は全国でも珍しいです。

昭和28年に菊田一夫原作の映画 「君の名は」のロケが当遊園内で行われ、「尖閣湾」の名は一躍全国に知られることとなりました。

※昭和9年に文部省より名勝地に指定、昭和25年には国定公園に編入されました。昭和46年には海中公園に指定、さらに平成8年には日本渚百選に選定されています。

「入園料大人:550円・駐車無料」

所在地:新潟県佐渡市北狄1561

 

名勝「二ツ亀」

「二ツ亀」は佐渡弥彦米山国定公園であり、佐渡の景勝地の一つでもあります。2匹の亀がうずくまっているような様子からその名がつけられました。緑の草に覆われたこの島は、沖の島・磯の島とよばれ、波のない時には陸と続き、潮が満ちてくると離れ島になります。その変化は珍しく、面白い光景です。また海水の透明度は佐渡随一を誇り、「日本の海水浴場100選」 にも選ばれています。

大野亀から、二ツ亀へ至る遊歩道があり、海沿いを歩いて行くと、険しい岩場になります。その遊歩道の途中にあるのが、賽の河原です。幼くて亡くなった子供の冥福を祈る10cm程の地蔵さんが無数に祭られています。

所在地:新潟県佐渡市鷲崎。

 

巨大な一枚岩 「大野亀」

標高167mの一枚岩が海に突き出しているその姿はまさに圧巻で、外海府の全貌を一望でき、反対側から見たほうが「亀」のように見えます。頂上には善宝寺石塔があり、航海の安全を守る龍神として古くから信仰されてきました。「亀」は「神」アイヌ語の「カムイ」に通じる神聖な島を意味しているのだそうです。初夏のトビシマカンゾウ、岩を彩る岩百合は険しい風景の中に華やかさを添えてくれます。5月下旬から6月上旬にかけてが見頃で、大野亀のあたりは黄色に埋め尽くされます。

所在地:新潟県佐渡市願。

 

七浦海岸 「夫婦岩」

「古事記」の国生み神話に由来するとされる大きな二つの岩。向かって右が夫の岩で高さ22.6m、左側が妻の岩で高さが23.1m。七浦海岸の波を受けて寄り添うように立ち、縁結びのご利益も期待されます。国生み神話の伝説として佐渡に伝わる「猫岩」「帆かけ岩」など周辺には岩礁が散在し、自然の造形美を楽しむことができます。

岩場の続く約10kmの海岸線は、夕日の名勝として知られています。ここに沈む夕日は本当に美しく、赤く染まる空と黄金色に輝く海、そこに黒いシルエットとなった岩々が映える。寄り添うように佇む二つの岩が、まるで夫婦のように見えます。

所在地:新潟県佐渡市二見~相川大浦。

 

地上高230m「田代ロープウェー」

田代ロープウェーは、標高806mの山麓駅から標高1,413mの山頂駅を結び、ロープウェーは高い所で地上から230mもの高さに達し、迫力満点です。

地上230mの高さから望む大パノラマに加え、眼下には二居湖や日本最大級の揚水式水力発電所「奥清津発電所」を望むことができます。

所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町三国。

 

世界最長の空中散歩「ドラゴンドラ」

田代高原の景色を楽しんだあとは、ドラゴンドラの乗り場へ向かう。よく整備された遊歩道で歩きやすいので、高原を散歩気分で歩くことが出来ます。(苗場ドラゴンドラ乗り場まで徒歩約30分。)田代と苗場をつなぐドラゴンドラは、尾根を越え谷を渡り、途中スリルあるアップダウンを繰り返し進んでいきます。その長さは5.481mで世界最長(1区間距離、単線自動循環式)を誇り、約25分間次々と眼下には綺麗な景色は見飽きることが ありません。

所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町大字三国202。

 

大源太山に抱かれた「大源太湖」

越後湯沢駅から車で約20分、大自然に囲まれた大源太湖です。広大な湖と、日本で最初のアーチ式ダムを誇ります。湖の奥には大源太山の雄大な姿を望むことができ、湖面に映る様子は絵画のようです。秋には紅葉の名所として多くの観光客が訪れます。大源太湖を一周する散策コースは希望大橋から見る豪快な四十八滝やキャンプ場を抜けた奥の堰堤までの散策などのんびりと散歩できます。

所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽6613-20。

 

霊峰「八海山」

八海山は、新潟県南魚沼市の旧六日市と旧大和町の境にそびえ、峯続きの中の岳(2.085m)、越後駒ヶ岳(2.003m)とともに越後三山としてその名が知られています。険しい岩峰からなる山頂部の八ッ峰がこの山の象徴と言われています。古くは行者の修行や信仰の山として開山され、今は登山やトレッキング、四季を通じてさまざまな自然に出会える山として多くの方から親しまれています。

※八海山の紅葉は、9月下旬に山頂から始まり、11月中旬まで楽しめます。

所在地:新潟県南魚沼市山口1610。

 

竜神伝説が残る「龍ヶ窪」

竜神伝説が残る龍ケ窪の池は神秘的な森に囲まれ、コンコンと湧き出る水はどんな年でも涸れることはないといわれている。全国名水百選に選ばれた池、龍ケ窪の美しいエメラルドグリーンの水は、大量の地下水の湧出によって形成されている。その周辺の林相が変化に富み自然環境がすぐれていることから昭和49年、新潟県の自然環境保全地域に指定され、地域住民の生活用水として大切に守られている。 所在地:新潟県中魚沼郡津南町谷内6217。

 

奥只見湖

奥只見湖は只見川をせき止めて造られた貯水量最大級の規模を誇る人造湖です。駒ケ岳、平ヶ岳、荒沢岳など深い山々を湖面に映しだし、山並みに残雪の美しい新緑や錦を彩る紅葉など、四季を通して北欧のような風景が楽しめます。秘境の景観が楽しめる湖上遊覧と尾瀬口・銀山平への定期船があり、尾瀬への日帰りも可能です。

所在地:新潟県魚沼市湯之谷芋川字大鳥。

 

奥只見シルバーライン

新潟県魚沼市にある新潟県道50号小出奥只見線。上折立と奥只見ダムの間は奥只見シルバーラインと呼ばれています。

新潟県側から入る全長22kmのルートで、そのうちの18kmは合計19のトンネルがつながっています。かつて周辺が銀山であったため「シルバーライン」と名付けられたようです。ダム建設用の道路だった事からトンネルにもそのなごりが残り、途中には銀山平へ行く道もあり、最後のトンネルを抜けると雄大な奥只見湖が目の前に広がります。

所在地:新潟県魚沼市大沢上折立~芋川。

 

へぎ蕎麦

「へぎ蕎麦」新潟県十日町や小千谷市で有名なへぎ蕎麦。

へぎ蕎麦の「へぎ」とは、へぎ(片木)とゆばれる剥ぎ板で作った四角い器のことで、それに載せて提供されることから「へぎ蕎麦」という名前が付きました。

では、へぎに載せられた蕎麦は全てへぎ蕎麦というかというとそれは違います。へぎの器に冷した蕎麦を小分けにして、ひと口程度に丸めてから綺麗に並べるのが特徴です。この作業を「手繰り」もしくは「手振り」と呼び、へぎ蕎麦特有の見た目はこの盛りつけ方によるものです。しかし、このような盛り付け方は通常の蕎麦では難しく、布海苔(ふのり)をつなぎに使ったコシの強い蕎麦でないと、写真のようにうまく手繰りに出来ないといわれています。

布海苔は海藻の一種です。2月~4月にかけてが採取期で、一般的に寒い時のものほど風味が良いと言われています。良質とされるものはごく限られた場所でしか採取されておらず、しかも機械化が一切出来ないので、今でも人の手によって摘み出されているそうです。
ちなみに蕎麦にはビタミンやミネラルが豊富ですが、へぎ蕎麦はこの布海苔をつなぎに使うことで特にビタミンKとたんぱく質が多く含まれています。味はもちろん、栄養面でも優れているへぎ蕎麦です。

 

高浪の池

高浪の池は、新潟県糸魚川市大字小滝にあり、標高540mの白馬山麓国民休養地内にある深さ13mの一年中満々と水をたたえる高原の池。豊かな自然が残るこの池では巨大魚の目撃が相次ぎ、地元では「浪太郎」「翠」の愛称で親しまれています。施設内には高原交流センター、売店、キャンプ場、グラウンドゴルフ場なども整備され、楽しみ方も様々。付近にはヒスイ峡やフィッシングパークもあり、レジャー施設が充実しています。

所在地:新潟県糸魚川市観光ガイド、大字小滝19336。

 

清津峡渓谷トンネル

黒部峡谷・大杉谷とともに日本三大峡谷の一つとして知られる「清津峡」、昭和24年9月に上信越高原国立公園に指定。川を挟んで切り立つ巨大な岩壁は全国に誇るV型の大峡谷をつくり、国の名勝天然記念物にも指定されています。雄大な柱状節理の岩肌とエメラルドグリーンの清流・清津川の急流の取り合わせはダイナミックで素晴らしく、訪れる人々に深い感動を与えます。また、4ヶ所の見晴所がある清津峡渓谷トンネルには、清津峡の成り立ちなどのパネル展示もあります。

パノラマステーション
2018年4月28日のリニューアルオープンで新設された「パノラマステーション」。 床一面に渓谷から湧き出る沢水を張り、外の景色が内部空間に映り込むように作られています。半円のような天井・壁部分と水鏡とに渓谷の景色が映り込むことで、球体のような幻想的な景色が広がります。テクニック要らずでインスタ映えする写真を撮ることができます。

所在地:十日町市小出。「入坑料大人:600円」

 

美人林

松口の丘陵に樹齢約100年ほどのブナの木が一面に生い茂り、そのブナの立ち姿がとても美しいことから「美人林」と呼ばれるようになりました。昭和初期、木炭にするためすべて伐採され裸山になりました。ところがあるとき、この山のブナの若芽が一斉に生えだし、ブナ林が野鳥の生息地として見直され、美人林が保護されるようになりました。今では多くの写真愛好家が訪れる観光名所となっています。

所在地:十日町市松之山松口1712-2付近。

 

星峠の棚田

星峠の棚田は、十日町市を代表する棚田です。大小様々な棚田約200枚がまるで魚の鱗のように斜面に広がっています。雲海が発生し水鏡が輝くベストシーズンには、その美しい風景を眺めようと全国各地から多くのカメラマンがこの地を訪れています。四季折々・朝昼晩と様々な顔を見せてくれる星峠の棚田は、十日町市に点在する棚田の中でも最も人気がある棚田スポットです。

所在地:新潟県十日町市峠1513。

 

日本の滝百選「苗名滝」

長野県との県境、関川にかかる落差55mの苗名滝(なえなたき)。柱状節理の玄武岩壁から水しぶきを上げて落ち込むさまは迫力満点で「日本の滝百選」にも選ばれています。とくに雪解け水が流れ込む春は、水量も増し、いっそう見応えがあり、近づくにつれ地響きがするため地震滝とも呼ばれます。真夏でも周囲はひんやりと涼しいので、納涼スポットとして散策にぴっ たりです。滝のもっとも美しい季節は、春の雪解けと10月中旬頃の紅葉の時。滝への遊歩道も整備されており、徒歩15分ほどで到達できます。

所在地:新潟県妙高市杉野沢。

 

まとめ

新潟県には実に様々な温泉地があり、それぞれ違ったお湯の魅力やその土地ならではの景観に出逢うことができます。
お一人で、グループで、ご家族で、カップルで、色々なシチュエーションで訪れてみてはいかがですか。
新潟ならではの美味しい食材も味わいたいところ。ぜひ新潟の温泉地へ出かけてみませんか。