[初心者必読] 初めてのお遍路旅。第五十七番札所 栄福寺 | 四国88カ所

四国八十八カ所
スポンサーリンク

第五十七番札所 栄福寺

第五十六番札所「泰山寺」から第五十七番札所「栄福寺」へ、約3km(徒歩約1時間、自動車約15分)

瀬戸内海に臨む今治市南西の山間部、今治市の奥座敷と言われる玉川町に建つ札所です。

小高い丘陵となっている八幡山(府頭山)の中腹、竹林に囲まれ山寺らしい佇まいを見せています。

 

スポンサーリンク

海陸安全や病気平癒を祈願「栄福寺」

寺伝に嵯峨天皇、勅願寺と伝えられています。

弘仁年間(810年〜824年)に弘法大師がこの地を巡教した。

当時この辺り近海では海難事故が絶えなかった。

この窮状を知った弘法大師が海神供養を修したことから、祈願寺として信仰されています。

その満願の日、海中から阿弥陀如来の影向が漂った。

大師はその阿弥陀如来像を本尊として堂宇を建てて霊場と定めました。

 

「八幡さん」の愛称に由来

栄福寺は海陸安全や福寿増長の寺として信仰を集めています。

地元の人達からは「八幡さん」と呼ばれており、その理由は八幡山の山頂にある勝岡八幡宮にあります。

話は貞観元年(859)にさかのぼる。

奈良の大安寺の僧、行教上人は九州の宇佐八幡(大分)に参詣して、山城国(京都府南東部)の男山八幡(石清水八幡)として創建するための帰路、暴風雨に遭遇し、この地に漂着した。

ところが府頭山の山容が山城の男山に似ていることに気づき、山頂を祈願所としたところ、本尊からお告げを受け寺の境内に社殿を造営。

神仏習合の勝岡八幡宮を創建したと伝えられ、この八幡宮は「伊予の国の石清水八幡宮」とも呼ばれたようです。

明治初年(1868)の神仏分離令によって寺は神社と分離し、山頂から現在地へ移転しました。

現在の本堂は大正期に建てられたもので、それまで本堂だった建物は大師堂として健在です。

次の第五十八番札所「仙遊寺」までは約2.5kmの道程です。

 

 

府頭山 栄福寺(ふとうざん えいふくじ)

宗派:高野山真言宗

本尊:阿弥陀如来

開基:弘法大師

創建:弘仁年間(810~824)

御詠歌:この世には弓矢を守る八幡なりらいせは人をすくうみだぶつ

真言:おん あみりた ていせいから うん

〒794-0114 愛媛県今治市玉川町八幡甲200

アクセス:今治インターチェンジから国道196号線・317号線を玉川町方面へ向い、県道155号線を左折。蒼社川を越えて右折後、約1km先を左折、直進すると左手にみえます。

TEL:0898−22-5959

拝観:境内自由

駐車場:普通車10台「有料:100円」境内下にも民営有料駐車場あり

宿坊:なし

仙遊寺のホームページは、http://www.eifukuji.jp/

 

 

四国八十八カ所地図

1番 霊山寺

2番 極楽寺

3番 金泉寺

4番 大日寺

5番 地蔵寺

6番 安楽寺

7番 十楽寺

8番 熊谷寺

9番 法輪寺

10番 切幡寺

11番 藤井寺

12番 焼山寺

13番 大日寺

14番 常楽寺

15番 国分寺

16番 観音寺

17番 井戸寺

18番 恩山寺

19番 立江寺

20番 鶴林寺

21番 太龍寺

22番 平等寺

23番 薬王寺

24番最御崎寺

25番 津照寺

26番金剛頂寺

27番 神峰寺

28番 大日寺

29番 国分寺

30番 善楽寺

31番 竹林寺

32番禅師峰寺

33番 雪蹊寺

34番 種間寺

35番 清瀧寺

36番 青龍寺

37番 岩本寺

38番金剛福寺

39番 延光寺

40番観自在寺

41番 龍光寺

42番 仏木寺

43番 明石寺

44番 大宝寺

45番 岩屋寺

46番浄瑠璃寺

47番 八坂寺

48番 西林寺

49番 浄土寺

50番 繁多寺

51番 石手寺

52番 太山寺

53番 円明寺

54番 延命寺

55番 南光坊

56番 泰山寺

57番 栄福寺

58番 仙遊寺

59番 国分寺

60番 横峰寺

61番 香園寺

62番 宝寿寺

63番 吉祥寺

64番 前神寺

65番 三角寺

66番 雲辺寺

67番 大興寺

68番 神恵寺

69番 観音寺

70番 本山寺

71番 弥谷寺

72番曼茶羅寺

73番出釈迦寺

74番 甲山寺

75番 善通寺

76番 金倉寺

77番 道隆寺

78番 郷照寺

79番 天皇寺

80番 国分寺

81番 白峰寺

82番 根香寺

83番 一宮寺

84番 屋島寺

85番 八栗寺

86番 志度寺

87番 長尾寺

88番 大窪寺

お礼参り

高野山奥の院

四国八十八カ所
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tabisansakuをフォローする
スポンサーリンク
旅と散策