[初心者必読] 初めてのお遍路旅。第五十四番札所 延命寺 | 四国88カ所

四国八十八カ所
スポンサーリンク

第五十四番札所 延命寺

第五十三番札所「圓明寺」から第五十四番札所「延命寺」へ、約35km(徒歩約10時間、自動車約1時間)

全国有数の造船の町、また全国一のタオル産地で知られる今治市は、瀬戸内海の燧灘(ひうちなだ)に面して広がる町です。

この今治市に点在する6ヶ寺を巡ります。

今治市の西北、標高244mの近見山の麓、田園風景の中に建つ「延命寺」。

 

スポンサーリンク

信仰と学問の中心道場して再興「延命寺」

創建は、天平年間(729~749)。

行基が菩薩が大日如来の化身とされる不動明王像を彫造して本尊とし、堂を建てて安置したと伝えられています。

弘仁年間(810~824)になって嵯峨天皇の勅願により弘法大師が「近見山・圓明寺」の寺号で再興させ明治維新まで続いたが、同じ寺名の第五十三番・圓明寺(松山市)との間違いが多く、江戸時代から俗称としてきた「延命寺」に改称されました。

 

山門は今治城の城門

仁王門をくぐって境内へその先にも門があります。

この門はかつて今治城の城門だったものです。

明治になって今治城が廃城となった際に譲り受け寺の山門としました。

その山門をくぐると正面には本堂が建ち、行基が不動明王(秘仏)を刻んで本尊とし安置しています。

本堂手前左の石段を上った高台に建つ大師堂。

 

 

梵鐘「近見二郎」

この寺の梵鐘は音色のよさで地域の人々に親しまれています。

初代の近見太郎は戦国時代、その音色の美しさに魅せられた長宗我部の兵士がこの鐘を略奪し海上に運んだ時、鐘は「いぬるいぬる(帰る帰る)」と泣き始め自分で海に沈んでいったといいます。

二代目の梵鐘は宝永元年(1704)当時の住職が私財を投じて鋳造したものが「近見二郎」。

これも盗賊に盗まれたが、あまりの音色の美しさにお寺に返しにきたという話があります。

現在の梵鐘は三代目、近見三郎が使われています。

「近見二郎」という鐘は年1回の除夜の鐘でのみ撞かれるそうです。

次の第五十五番札所「南光坊」までは約4mの道程です。

 

 

近見山 延命寺(ちかみざん えんめいじ)

宗派:真言宗豊山派

本尊:不動明王(伝行基菩薩作)

開基:行基菩薩

創建:養老4年(720)

御詠歌:くもりなきかがみのえんとながむればのこさずかげをうつすものかな

真言:のうまく さんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ そわたや うん たらた かんまん

〒794-0081 愛媛県今治市阿方甲636

アクセス:今治インターチェンジより今治インターチェンジから国道196号線を大西町方面へ向かい明徳短大先を右折。県道38号線との交差点を左折し自動車会館を右折後、直進すると見えてきます。

TEL:0898-22-5696

拝観:境内自由

駐車場:普通車30台「普通:100円」

宿坊:なし

見所:瀬戸内しまなみ海道

 

 

西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)

かつて瀬戸内海最強の「村上水軍」が勇壮な海のロマンを繰り広げた芸予諸島の島々を縫う46.6kmの有料道路です。

国土交通省が整備した生口島道路(6.5km)及び大島道路(6.3km)と直結した全長59.4kmの自動車専用道路は「瀬戸内しまなみ海道」の愛称で親しまれています。

新尾道大橋以外の各橋には尾道から今治に至る原動機付自転車・歩行者専用の道路も併設され、本州と四国を結ぶ連絡道路としての役割はもちろん、島々に住む人々にとっての生活道路としても大きな役割を果たしています。

 

 

亀老山展望公園

大島の南端、標高307.8mの亀老山にある展望公園。

島の景観を損なわない様工夫された地中埋設式のモダンな展望台からは、日本三大急潮の来島海峡や晴れた日には四国山脈の中に連なる西日本最高峰「石鎚山」を眺める事ができます。

頂上付近の道路沿いには、世界初の三連吊橋である来島海峡大橋の全景を望むスポットもあり、夜景スポットとしても人気を呼んでいます。

 

 

四国八十八カ所地図

1番 霊山寺

2番 極楽寺

3番 金泉寺

4番 大日寺

5番 地蔵寺

6番 安楽寺

7番 十楽寺

8番 熊谷寺

9番 法輪寺

10番 切幡寺

11番 藤井寺

12番 焼山寺

13番 大日寺

14番 常楽寺

15番 国分寺

16番 観音寺

17番 井戸寺

18番 恩山寺

19番 立江寺

20番 鶴林寺

21番 太龍寺

22番 平等寺

23番 薬王寺

24番最御崎寺

25番 津照寺

26番金剛頂寺

27番 神峰寺

28番 大日寺

29番 国分寺

30番 善楽寺

31番 竹林寺

32番禅師峰寺

33番 雪蹊寺

34番 種間寺

35番 清瀧寺

36番 青龍寺

37番 岩本寺

38番金剛福寺

39番 延光寺

40番観自在寺

41番 龍光寺

42番 仏木寺

43番 明石寺

44番 大宝寺

45番 岩屋寺

46番浄瑠璃寺

47番 八坂寺

48番 西林寺

49番 浄土寺

50番 繁多寺

51番 石手寺

52番 太山寺

53番 円明寺

54番 延命寺

55番 南光坊

56番 泰山寺

57番 栄福寺

58番 仙遊寺

59番 国分寺

60番 横峰寺

61番 香園寺

62番 宝寿寺

63番 吉祥寺

64番 前神寺

65番 三角寺

66番 雲辺寺

67番 大興寺

68番 神恵寺

69番 観音寺

70番 本山寺

71番 弥谷寺

72番曼茶羅寺

73番出釈迦寺

74番 甲山寺

75番 善通寺

76番 金倉寺

77番 道隆寺

78番 郷照寺

79番 天皇寺

80番 国分寺

81番 白峰寺

82番 根香寺

83番 一宮寺

84番 屋島寺

85番 八栗寺

86番 志度寺

87番 長尾寺

88番 大窪寺

お礼参り

高野山奥の院

四国八十八カ所
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tabisansakuをフォローする
スポンサーリンク
旅と散策