[初心者必読] 初めてのお遍路旅。第五十三番札所 圓明寺 | 四国88カ所

四国八十八カ所
スポンサーリンク

第五十三番札所 圓明寺

第五十二番札所「太山寺」から第五十三番札所「圓明寺」へ、約2.5km(徒歩約45分、自動車約10分)

住宅の一角にある札所。本堂の中にはある大きな龍の彫り物がある。

境内にはキリシタン禁制の頃のキリシタン灯篭も立つ。

天平勝宝元年(749)に行基が開いたとされ、本尊は阿弥陀如来(秘仏)を安置したのが始まりとされています。

 

スポンサーリンク

四国最古の銅板納札が保存「圓明寺」

当所は西山という海岸にあり海岸山圓明寺と名乗っていました。

その後弘法大師が訪れて霊場に定めました。

寺は七堂伽藍を構えて栄えましたが、度重なる兵火によって焼失したという。

復興がかなったのが寛永10年(1633)のこと、この地の豪族・須賀重久が現在地に再建したことから山号が須賀山と改められました。

 

珍しいキリシタン灯籠

八脚門のこじんまりした仁王門をくぐり境内に入ると、左に大師堂、右に観音堂、鐘楼が建っています。

大師堂の裏手には寛永年間(1624~1644)に造られた高さ40㎝ほどの十字架のような灯篭が佇む。

聖母マリア像を浮き彫りにしたキリシタン灯籠があることでも知られています。

また本堂の右上・鴨居にある長さ5mの巨大な龍の彫り物が目を引きます。

 

 

四国霊場最古の納札

この寺の寺宝で名高いのは八十八ヶ所最古の納札です。

慶安3年(1650)の銘がある四国最古の銅板の納経札があります。

アメリカ人巡礼者・スタール博士が四国遍路をしている途中、寺の本尊・阿弥陀如来像を安置している厨子に打ち付けてあったのを発見したそうです。

縦24cm・幅が9.7cm・厚さ約1mmで破損のない納札としては現存最古で、例のない銅板製であります。

次の第五十四番札所「延命寺」までは約35mの道程です。

 

 

須賀山 円明寺(すがざん えんみょうじ)

宗派:真言宗智山派

本尊:阿弥陀如来(伝行基菩薩作)

開基:行基菩薩

創建:天平勝宝元年(749)

御詠歌:らいごうのみだのひかりの円明寺てりそふかげはよなよなの月

真言:おん あみりた ていせい からうん

〒799-2656 愛媛県松山市和気町1-182

アクセス:松山インターチェンジから国道33号線を松山市街へ。南環状線・国道196号線と走り内宮交差点で左折。そのまま直進し右手に見える。

TEL:089-978-1129

拝観:境内自由

駐車場:普通車10台無料

宿坊:なし

 

 

四国八十八カ所地図

1番 霊山寺

2番 極楽寺

3番 金泉寺

4番 大日寺

5番 地蔵寺

6番 安楽寺

7番 十楽寺

8番 熊谷寺

9番 法輪寺

10番 切幡寺

11番 藤井寺

12番 焼山寺

13番 大日寺

14番 常楽寺

15番 国分寺

16番 観音寺

17番 井戸寺

18番 恩山寺

19番 立江寺

20番 鶴林寺

21番 太龍寺

22番 平等寺

23番 薬王寺

24番最御崎寺

25番 津照寺

26番金剛頂寺

27番 神峰寺

28番 大日寺

29番 国分寺

30番 善楽寺

31番 竹林寺

32番禅師峰寺

33番 雪蹊寺

34番 種間寺

35番 清瀧寺

36番 青龍寺

37番 岩本寺

38番金剛福寺

39番 延光寺

40番観自在寺

41番 龍光寺

42番 仏木寺

43番 明石寺

44番 大宝寺

45番 岩屋寺

46番浄瑠璃寺

47番 八坂寺

48番 西林寺

49番 浄土寺

50番 繁多寺

51番 石手寺

52番 太山寺

53番 円明寺

54番 延命寺

55番 南光坊

56番 泰山寺

57番 栄福寺

58番 仙遊寺

59番 国分寺

60番 横峰寺

61番 香園寺

62番 宝寿寺

63番 吉祥寺

64番 前神寺

65番 三角寺

66番 雲辺寺

67番 大興寺

68番 神恵寺

69番 観音寺

70番 本山寺

71番 弥谷寺

72番曼茶羅寺

73番出釈迦寺

74番 甲山寺

75番 善通寺

76番 金倉寺

77番 道隆寺

78番 郷照寺

79番 天皇寺

80番 国分寺

81番 白峰寺

82番 根香寺

83番 一宮寺

84番 屋島寺

85番 八栗寺

86番 志度寺

87番 長尾寺

88番 大窪寺

お礼参り

高野山奥の院

四国八十八カ所
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tabisansakuをフォローする
スポンサーリンク
旅と散策