信州湯けむり紀行 -南信州エリア-

信州湯けむり紀行(南信州エリア)

信州は、北海道に続き日本で2番目に温泉が多い土地です。

至る所に温泉が湧出し、まさに信州は驚異の温泉王国です。

いい湯に浸かりのんびりと身体も心もとぎほぐし、澄んだ空気と大自然の中からそこかしこに湧き出る温泉が、多くの人々を迎えてくれます。

今までに訪れた温泉地は、野沢温泉、別所温泉、鹿教湯、蓼科温泉、上諏訪温泉、乗鞍温泉、大町温泉、戸隠上山田温泉、昼神温泉、白骨温泉、渋温泉、地獄谷野猿公苑、扉温泉、湯田中温泉、浅間温泉、早太郎温泉、横谷温泉など、各地の温泉を楽しんできました。

スポンサーリンク

南信州エリアのおススメ温泉地

乳白色のいで湯「白骨温泉」

乗鞍岳東麓、標高1.400mの山間に大小10数軒の宿が点在する信州きっての秘湯です。

白骨温泉は湧出時無色透明ですが、空気の触れると神秘的な乳白色に変化する温泉。

「3日入れば、3年風邪をひかない」といわれる湯は、単純硫化水素泉の源泉かけ流しです。

温泉街のほぼ中央には白骨温泉公共野天風呂もあり、遊歩道もあり滝や文学碑など散策できます。

泉質:お肌にやさしい中性(弱酸性)の温泉です。
硫黄、炭酸を多く含む単純硫化水素泉(含硫黄、カルシウム、マグネシウム、炭酸水素塩泉)効能:胃腸病、婦人病、肝臓病、神経症、呼吸疾患、慢性疲労、美肌に効果。
※飲湯することで消化器系の臓器の血流が良くなり、臓器の働きを良くするとともに便秘に効く成分を摂取いただけます。

上高地

上高地は、長野県松本市にある標高約1,500mの山岳景勝地です。

中部山岳国立公園の一部として、国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定されています。

清らかな梓川に架かる河童橋から望む山々の雄姿、大正池や明神池、徳沢など、山と緑と水の風景が織りなす上高地。

「神の降り立つ地(神降地)」とも称される日本屈指の山岳景勝地として、年間150万人もの人々が訪れ賑わいをみせています。

日本の貴重な「風景の財産」として、特別名勝・特別天然記念物に称される上高地では、環境保護のためにマイカーの乗入が規制されています。

上高地「河童橋」

平湯バスターミナルから大正池バス停で下車(約30分)。

大正池は大正4年の焼岳大爆発によってせきとめられてできた池です。

穂高連峰や焼岳、枯れ木が湖面に映る景観は上高地ならではの自然の美しさです。

清流梓川の岸辺を約1時間歩けば、次々に展開する美しい風景に感動しきりです。

どこを写真に撮っても絵はがきになるのが上高地です。

中部山岳国立公園 「北アルプス・乗鞍岳」

乗鞍岳は、北アルプスの南端に位置し、剣ヶ峰3026mを最高峰に、23の峰、7つの湖、8の平原があり、四季を通じて美しい景観が楽しむことができます。

又、乗鞍岳からは槍ヶ岳、穂高連峰など、まさに雲上の世界が眺められます。

その姿が馬の鞍に似ていることから「乗鞍」と呼ばれるようになりました。

乗鞍岳は高山植物の宝庫でもあり、初夏には、白、黄、ピンクなど色とりどりの花をお楽しみ頂けます。

乗鞍岳は国立公園の特別保護地域に指定されています。

特別天然記念物のライチョウをはじめ、高山植物など貴重な動植物の宝庫でもあります。

 

ライチョウ

ライチョウ(特別天然記念物)は、岐阜と長野両県にまたがる北アルプス乗鞍岳で、ひなが次々と誕生しているそうです。

親鳥の傍らでひながチョコチョコと歩く姿が見られます。

信州大学などによると、乗鞍岳一帯には約170羽のライチョウが生息しています。

マイカー規制が始まった2003年以降、個体数は増えているという。

夏は茶色、冬は白色に羽根がはえかわり、天敵から身を守るそうです。

上諏訪温泉と下諏訪温泉

上諏訪温泉は、諏訪湖の東岸を中心に30軒余りが点在する人気の温泉地です。

毎年8月15日に開催される諏訪湖祭湖上花火大会をはじめ、夏は約1ヶ月間にわたって花火が楽しめます。

新七ツ釜源泉の間欠泉で、諏訪湖畔から空に向かって白い水煙を吹き上げています。

約1時間毎に40~45mの高さに噴出する間欠泉は日本一で、湯量の豊富さを物語っていると言えます。

宿場町の下諏訪温泉は、中山道と甲州街道が交わる交通の要衝として栄えました。

下諏訪宿の風情を色濃く残す温泉街です。

諏訪大社の参道や老舗旅館の装いなど、往時の風景を今に伝えています。

客室数の少ない小規模な宿が多く、ゆったりとくつろげます。

諏訪大社上社本宮

我国最古の神社の一つであり、信濃國の国造りをなされたのち、日本国土の守護神としてこの地にお鎮りになった。

また、信濃國 一之宮として皇室武門および一般の信仰が厚く、全国一万有余の諏訪神社の総本社です。

上社本宮は幣拝殿の左右に片拝殿が並び、本殿を持たない独特の配置が特徴です。

正月の上社本宮は四社のうちでも一番の賑わいを見せ、参道にはだるまや縁起物などの出店がズラリと立ち並びます。

 

諏訪大社下社春宮

諏訪大社下社の社殿は、秋宮と春宮に分かれており、約1km離れています。

和田峠からの通り道になっている秋宮に比べ春宮の参拝客は少ないが、それだけに静かに訪れることができます。

鳥居をくぐり、正面に見えるのが神楽殿。

秋宮の神楽殿と比較すと規模が小さく、軒下に注連縄を付ける様式は一緒だが、小さなものとなっています。

また境内から歩いて約5分のところに「万治の石仏」があります。

 

諏訪大社下社秋宮

秋宮は下諏訪の温泉街に一番近く、旧中山道と甲州街道の分岐点にあります。

諏訪大社は諏訪湖を挟んで、南に「上社」、北に「下社」があり、旧中山道を挟んで、東に「秋宮」西に「春宮」があります。

秋宮は交通の便がよく4つの宮のなかでも参拝者が最も多く、幣拝殿・左右片拝殿・神楽殿が国重文に指定されており、建物・彫刻ともに簡素ながら荘重な雰囲気を持っています。

また諏訪大社は本殿を持たず、上社は「お山」、下社秋宮は「一位の木」、下社春宮は「杉の木」をご神体としています。

諏訪大社上社前宮

上社本宮から東南に約1.5km、八ケ岳や諏訪平を一望する茅野市宮川の高台にあります。

本宮の祭神・建御名方神が諏訪に入り最初に居を定めた場所で、本宮の前身といわれている。

こちらの祭神は、建御名方神の妃・八坂刀売神。

毎年4月15日には、本宮から前宮へ御神輿の渡御が行われる上社第一の祭儀、御頭祭がし執行されます。

現在の社殿は昭和7年伊勢の神宮の御用材を以て建られたものです。

 

諏訪高島城

高島城は諏訪湖に浮かぶ「浮城」といわれています。

1598年に豊臣秀吉の武将、日根野織部正高吉が設計し完成した。

明治時代に撤去されたが、昭和45年春に再建復興しています。

現在の本丸には3層の天守閣があり、二の丸跡は庭園となっており、眼下には諏訪湖が広がり、遠く、富士山・八ヶ岳・穂高 槍を遠望できます。

平城としては、国内最高の海抜(約760m)にあります。

 

高原のリゾート「蓼科温泉」

蓼科高原は標高2500mの北八ヶ岳の麓にあり、蓼科湖から滝の湯川沿いに蓼科温泉、滝の湯、親湯と続く蓼科温泉郷。

一軒宿の滝の湯と親湯、蓼科温泉の「小斉の湯」は共に古い歴史を持つ古湯。

坂上田村麻呂が発見したと伝えられ、親湯は「武田信玄の隠し湯」としても有名です。

広大な自然に囲まれ、古くから温泉保養地として賑わっていました。

現在ではビーナスラインの整備に伴い白樺湖、車山、霧が峰、美ヶ原などの観光拠点としても発展。

また、美術館やゴルフ場などが揃い高原リゾート地としても人気を集めています。

 

八ヶ岳連峰

八ヶ岳連峰は八ヶ岳中信高原国定公園に属し、長野県東部から山梨県北部にまたがる南北約20kmの富士火山帯です。

硫黄岳2.765m・横岳2.829m・阿弥陀岳2.805m・赤岳2.899.2m・権現岳2.715m・西岳2.398m・編笠山2.523.7m・天狗岳2.646m、八ヶ岳南麓の標高1.200m~1.500mの高原に清里高原があります。

北八ヶ岳ロープウエイは、八ヶ岳の北端に位置する北横岳と縞枯山の間に架かり、山麓駅(標高1,771m)から山頂駅(同2,237m)までの高低差466mを約7分で駆け上がります。

その間、刻々と変わる山岳風景を目の前に眺める空の旅は迫力満点。

降り立つ山頂には、ハイマツやコメツガなど溶岩台地を覆う低木や高山植物が群生する坪庭自然園が広がります。

四季折々の魅力にあふれた北八ヶ岳には、ゆっくり歩いてみたい大自然があふれています。

坪庭

標高が高いため自然環境が厳しく、低木が岩地を這うように枝をのばしている。

散策路は1周約30分。 周辺には高山植物が自生し、夏期にはシャクナゲ、イワカガミ、コケモモなどが可憐な花を咲いています。

縞枯山

縞枯山・しまがれやま(標高2.402m)の斜面に枯れたシラビソ樹林帯が何列もに白い縞模様に見える「縞枯現象」が有名で、全国的にも貴重な存在です。

学術的にも価値が高く、不思議な現象です。

白樺湖

白樺湖は、周囲6km、水深9mの人造湖です。

湖畔は、四季折々に美しい景観が広がり、春から夏にかけては格好のハイキングコースとなります。

白樺湖ファミリーランドで遊んだり、スポーツやレジャーも楽しめます。

また湖上では白鳥型の遊覧船が運航しています。

家族やグループにはぴったりのリゾート地です。

JR線最高標高駅「野辺山駅」

長野県南牧村にある野辺山駅は、JR東日本小海線。

JR全線の中で最も標高(1345.67m)が高い地点に位置する駅です。

私鉄や広義での「駅」で言えば、トロリーバスの室堂駅が、2450mと最高になる。

また、ロープウェイも含めると駒ヶ岳の千畳敷駅が、2611.5mと最高駅です。

隣接する清里駅との間にJRの最高標高地点(1.375m)があります。

清里高原

清里高原は、八ヶ 岳の南山麓の標高1.250m~1.500mに広がる清里周辺は、美しい森や牧場など、自然を満喫できる一大高原リゾート・エリアです。

駅周辺はお洒落ショップや飲食店、宿泊設備など観光スポットがあります。

清里清泉寮は、ポール・ラッシュ博士により1938年(昭和13年)に創設された、清里のシンボル的な建物です。

四季折々の富士山の雄大な自然を眺めることができ、また牧草地のジャージー牛はのどかな風景です。

宿泊施設、レストラン、ソフトクリーム(300円)やジャージー牛乳の乳製品を販売する売店などがあります。

清里開拓の父、ポール・ラッシュ博士の言葉、Do your best, and it must be first class 「最善を尽くせ、しかも一流であれ」の精神を受け継いで作られた観光スポットです。

緑豊かな敷地内には、個性豊かな創作工房などが立ち並び、オルゴール博物館、カントリー雑貨、レストラン、ホテルなども点在しています。

標高1900mの特等席「清里テラス」

山梨県・八ヶ岳の南麓に広がる、サンメドウズ清里(中信高原国定公園内にある)。

パノラマリフトで清里テラスまで約10分の空中散歩です。

標高1,900mの山頂からは、雄大な「清里高原」を目の前に一望でき、富士山や南アルプスの絶景が広がります。

また、高原を吹き抜ける爽やかな風が夏の暑さをやわらげてくれます。

冬の間はスキー場としてオープンしているこの場所、夏は清里テラスとして今では人気スポットになっています。

 

雲上のトレッキング「美ヶ原高原」

爽やかな風を求めてビーナスラインを車が走る!

美ヶ原高原は、王ヶ頭(2.034m)王ヶ鼻(2.008m)のいずれも標高2.000m近い熔岩台地で大草原に高山植物が咲き、美ヶ原のシンボル「美しの塔」に続く1本道を散策。

また、富士山、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳の雄大な360度のパノラマが景観が素晴らしい高原です。

標高800mの「美ヶ原温泉」

美ヶ原温泉の歴史は、遠く奈良時代初めにまでさかのぼります。

時の天武天皇が「束間の温湯」に行幸せんと、三野王に信濃の国の地形図を献上させた旨が 「日本書紀」に記されていますが、この「束間の温湯」こそが、今の美ヶ原温泉なのです。

昭和58年(1983)には効能豊かな泉質と美ヶ原の玄関口という環境の良さが評価されて国民温泉保養地に指定されました。

高台に位置し、松本盆地や北アルプスの眺めがよい。

南信州の温泉郷「昼神温泉」

中央アルプス南端を流れる阿智川沿いに広がる山里の閑静な温泉地。

南信州最大の温泉郷となる昼神温泉郷があり、昭和48(1973)年に発見された新しい温泉地です。

泉質はとろっとした肌触りの湯で、南信州随一の「美人の湯」として知られています。

また、昼神温泉のある阿智村は、平成18年、環境省認定の「星が輝いて見える場所」第1位になっており、村の至る所で満天の星を眺めることができるため、ゆっくり泊まって星空も堪能。

早朝は阿智川のほとり、年中無休の朝市は昼神温泉の風物詩で、地元の特産物が所狭しと並びます。

野菜や果物は、採れたての新鮮さが売り物で、村人との会話も楽しみの一つです。

泉質:単純硫黄泉

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動障害、関節のこわばり、うちみ、くじき、冷え性、疲労回復、健康増進、リウマチ性疾患、しもやけ、月経異常

駒ヶ岳東麓に湧く「早太郎温泉」

中央アルプスの麓に湧くこの温泉は、ほど近くに建つ古刹・光前寺で飼われていた霊犬・早太郎がその名の由来です。

足が速く勇敢な早太郎は、遠州見附(静岡県)の村人を難儀から救ったとされ、その伝説が今も長く地元に語りつかれています。

開湯は、1994年と新しい温泉だが、周辺に宿湯などが点在しています。千畳敷カールなどへの拠点となり、多くの登山客などに利用されています。

無色透明なお湯は、においもなく、やわらかな肌触り。温泉の効能はお肌をしっとりスベスベにします。別名「美肌の湯」

泉質:アルカリ性単純温泉。

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病など。

まとめ

信州はさすがに温泉王国と云われるほどたくさんの温泉があり、南北に長い信州は、地域ごとにそれぞれ異なる魅力がいっぱいです。

筆者は毎年夏には、避暑地で温泉を兼ねてドライブに出かけます。

温泉地周辺にはオススメの観光スポットがたくさんあるので、ぜひ訪れてみてください。

今回は、南信州エリアの温泉地と人気観光スポットを紹介させていただきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする