[初心者必読] 初めてのお遍路旅。第十番札所 切幡寺 | 四国88カ所

四国八十八カ所
スポンサーリンク

第十番札所 切幡寺

第九番札所「法輪寺」から第十番札所「切幡寺」へ、約4km(徒歩1時間20分、自動車約15分)

一番札所から巡拝をはじめた遍路にとって、この寺は最初に出会う山寺です。

坂道の参道を上り、山門をくぐると延々と続く急勾配の石段がお遍路を出迎えます。

 

「是より三三三段」と刻まれた立石があり、石段99段上がり、さらに159段上がり、

その先には男女の厄年に合わせて33段の女厄除坂、42段男厄除坂が続き、

ようやく本堂や大師堂にたどり着くことができます。

境内には寺の縁起を伝える「はたきり観音」が立っています。

 

スポンサーリンク

機織娘が観世音菩薩の「切幡寺」

切幡山の中腹、標高155mに境内があり、国指定重要文化財である大塔からの眺望はすばらしいです。

眼下には吉野川がゆっくりと流れ、前方には雄大な四国山脈が連なっています。

 

切幡寺は空海とはた織り女の伝説でも知られるお寺です。

伝承では、弘法大師がこの地を訪れた時、とある村で機織りの娘に出会いました。

このとき大師はほころびた僧衣を繕うために布切れを求めたところ、娘は織りかけていた布を惜しげもなく切って大師に差し出したそうです。

貧しい娘のこの行為に大師は感謝して、娘の望みを尋ねました。

「亡き両親の菩提を弔いたい」という娘に、大師は一夜で観音菩薩像を彫り上げ、

娘に得度灌頂(僧になる儀式)を授けた。

すると娘は生きたまま仏と化し、菅野菩薩に姿を変えたという。

伝承を伝えるため、本堂の傍らには織物を手にした姿の「はたきり観音」が建っています。

 次の第十一番札所「藤井寺」までは約10kmの道程です。

 

 

 

 

切幡大塔からの眺望

本堂より、さらに一段高い山腹には美しい切幡大塔があり、初重と二重の間が方形で日本唯一の構造様式です。(国指定重要文化財)

豊臣秀頼が秀吉の菩提を弔うため建立、明治6年に移築し、完成に10年を要した。

大塔前からは阿波国を悠々と流れ、四国三郎とも呼ばれる吉野川を見渡せる、好展望地となっています。

 

 

得度山 切幡寺 (とくどざん きりはたじ)

宗派:高野山真言宗

本尊:千手観世音菩薩

開基:弘法大師

創建:弘仁年間(810~824)

御詠歌:欲心をただ一筋に切幡寺後の世までの障りとぞなる

真言:おん ばざらたらま きりく

〒771-1623 徳島県阿波市市場町切幡字観音129

アクセス:土成インターチェンジから、国道318号を左折して鴨島方面へ進み、県道12号線(鳴門池田線)を市場町方面へ進み切幡変電所を左折すると標識がでているので道なりに進んで行くとたどり着きます。

TEL:0883-36-3010

拝観:境内自由。

駐車場:下の境内に普通車30台無料。

宿坊:なし

見所:川島潜水橋(沈下橋)と江川湧水源 (日本の名水百選)

 

 

川島潜水橋(沈下橋)

徳島県が誇る吉野川には多くの潜水橋が架けられています。

潜水橋とは大雨などの洪水時、増水してもその橋の上を増水した水が乗り越えて流れるように作られた橋のことです。

そのため水の抵抗を受けるような欄干もなく、橋が負荷を受けて壊れないようになっています。

橋の幅約3mの狭い橋ですが、どちらから車が来てもお互いにすれ違いができように広くなっています。

八十八ヶ所巡りの第10番札所「切幡寺」~第11番札所「藤井寺」へのお遍路道の途中に渡る橋です。

 

 

江川湧水源

吉野川の近くを流れる江川の水源。昭和60(1985)年、日本の名水百選に選ばれています。

地元の人に聞いたのですが、最近では湧水も少なくなったそうです。

この湧水の水温は夏季は10度前後に下がり、冬季は20度前後に上昇し、異常水温と呼ばれる現象が生じます。

そのため冬にスイレンが咲き、中に住む魚も活発に動き回っています。

夏は子供たちが水とふれ合う遊び場や、付近住民の憩いの場として活用されています。

また1年中、四国遍路の休憩所として大勢のお遍路に利用されています。

普段は殆ど訪れる人はありません。

 

 

車遍路区切り打ち(一泊二日、一日目)

筆者の車遍路最初の行程は、1番札所「霊山寺」の通称「一番さん」から参拝をはじまり、

2番、3番、4番、5番、6番、7番札所「十楽寺」まで一気に巡り、昼食は「徳島のたらいうどん」を食べました。

そして、吉野川北岸と並行して撫養(むや)街道を走り、8番札所「熊谷寺」から9番、10番札所「切幡寺」へ。

1番札所から10番札所までは比較的至近距離にあり、移動にも時間がかからず、十ヶ所の札所を巡ることができました。

この後、徳島市内へ戻りホテルチェックインして一日目を終えました。

※区切り打ちとは、四国八十八カ所の1番から88番までの行程を適当に区切って、何回かに分けてお参りすることを「区切り打ち」と呼びます。

 

 

四国八十八カ所地図

 

1番 霊山寺

2番 極楽寺

3番 金泉寺

4番 大日寺

5番 地蔵寺

6番 安楽寺

7番 十楽寺

8番 熊谷寺

9番 法輪寺

10番 切幡寺

11番 藤井寺

12番 焼山寺

13番 大日寺

14番 常楽寺

15番 国分寺

16番 観音寺

17番 井戸寺

18番 恩山寺

19番 立江寺

20番 鶴林寺

21番 太龍寺

22番 平等寺

23番 薬王寺

24番最御崎寺

25番 津照寺

26番金剛頂寺

27番 神峰寺

28番 大日寺

29番 国分寺

30番 善楽寺

31番 竹林寺

32番禅師峰寺

33番 雪蹊寺

34番 種間寺

35番 清瀧寺

36番 青龍寺

37番 岩本寺

38番金剛福寺

39番 延光寺

40番観自在寺

41番 龍光寺

42番 仏木寺

43番 明石寺

44番 大宝寺

45番 岩屋寺

46番浄瑠璃寺

47番 八坂寺

48番 西林寺

49番 浄土寺

50番 繁多寺

51番 石手寺

52番 太山寺

53番 円明寺

54番 延命寺

55番 南光坊

56番 泰山寺

57番 栄福寺

58番 仙遊寺

59番 国分寺

60番 横峰寺

61番 香園寺

62番 宝寿寺

63番 吉祥寺

64番 前神寺

65番 三角寺

66番 雲辺寺

67番 大興寺

68番 神恵寺

69番 観音寺

70番 本山寺

71番 弥谷寺

72番曼茶羅寺

73番出釈迦寺

74番 甲山寺

75番 善通寺

76番 金倉寺

77番 道隆寺

78番 郷照寺

79番 天皇寺

80番 国分寺

81番 白峰寺

82番 根香寺

83番 一宮寺

84番 屋島寺

85番 八栗寺

86番 志度寺

87番 長尾寺

88番 大窪寺

お礼参り

高野山奥の院

四国八十八カ所
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tabisansakuをフォローする
スポンサーリンク
旅と散策